X脚の症状

X脚の特徴

X脚の症状をここでは見ていきます。
X脚とは一体、どういう症状なのでしょうか?

 

実はエックス脚の主な症状は、ほとんどがO脚とそれほど違いはありません。
X脚は太もも、ふくらはぎ、膝、くるぶしが、膝を支点にしてXの形になっている状態です。
別の言い方をすると、膝を中心にして脚の形が「くの字」になっている「内股」の状態です。

 

X脚の症状の特徴としては、大転子と呼ばれる筋肉(骨盤の横から膝にかけて直線すぎる流れで脚が発達している点です。人間の脚は元々、大転子から流線形を描いて膝までのラインを形成します。しかしX脚ではまっすぐなシルエットを形成します。

 

女性にX脚の傾向の方が少なくないのですが、多少、X脚の症状になっている方は「萌え」タイプともなり、むしろ可愛らしさをも出すため、好まれる所もあったりします。

 

O脚はこの方法で治すことができます

 

X脚の症状

しかしX脚は、O脚と同じで、体全身に様々な症状が出てきます。
しかしX脚は、O脚と比較した場合、膝関節への負担がより大きくなるため、高齢になってから膝関節障害が出てきて悩むことが多い傾向です。
ですので、X脚は改善したほうが好ましくなります。

 

またX脚に関する下半身だけに限定した症状を挙げると、短期的な症状、そして長期的な症状が出てきます。

 

短期的な症状になると、疲れやすかったり、冷えやすい、筋肉量が適正にならず、細すぎる、太りやすくなる、むくみがあります。
長期的な症状は、変形性関節症、組織損傷、筋萎縮があります。

 

スポーツ障害を発症しやすいのもX脚の症状です。
しかしX脚は、O脚以上に、膝関節症を起こしやすいのも特徴で、小児期の生理的X脚期にしっかりと運動をすることで、予防することが可能です。

 

X脚の症状の現れ方は、人それぞれ違いがありますが、矯正をすれば症状が緩和するとも一概にはいえないとされています。
X脚を改善させれば、症状の緩和は可能ですが、生活の改善、矯正のどちらも行ってこその話ですので、どちらか片一方だけの改善となると、効果はみられません。
矯正をして症状を改善させるためには、普段からの生活習慣の見直しも必要になるのです。

 

きちんと専門家から指導を受けて矯正をするようにしなければ、正しく直し、症状を緩和させることが出来ませんが、家庭でも手軽に矯正エクササイズなどを取り入れることで、改善をすることはできます。
姿勢や、歩き方、生活習慣の改善と、矯正の両方で症状を緩和可能ですから、両方を意識することが大切でしょう。

 


>> すぐに効果が出る新しいO脚矯正体操

X脚の症状・特徴関連ページ

O脚の症状・特徴
O脚の症状・特徴とは両足をそろえて立ったときに左右の太もも・膝・ふくらはぎ・くるぶしのどれかが離れている状態です。
XO脚の症状・特徴
XO脚の症状・特徴とはX脚とO脚が混合しているのをXO脚といいます。XO脚はO脚の状態で膝と膝がくっついているX脚症状、O脚にX脚の膝と膝がくっついている症状とがあります。