O脚の症状

O脚の症状について

O脚にはいくつかのケースがあります。
それは、

 

・O脚
・X脚
・XO脚

 

というものです。

 

X脚、XO脚は、O脚とは違ってきますが、
このサイトでは、O脚について説明をしております。

 


>> すぐに効果が出る新しいO脚矯正体操

O脚の症状エントリー一覧

O脚の症状・特徴

O脚の症状は両足をそろえて立ったら、左右の太もも、膝、ふくらはぎ、くるぶしのどれか、または複数が離れている状態です。あなたは直立したときに、太もも、膝、ふくらはぎ、くるぶしのいずれかがくっつかない状態でしょうか?もしも離れている人はO脚になります。O脚の症状となる理由は、外側の筋肉にばかり負担がかかるからだとされています。このため、長時間歩くだけで足のスネの外側が疲れやすい特徴が出てきます。またふくらはぎ、足全体がだるく感じたり、重く感じる人もO脚の症状になります。長時間歩いた覚えもないのに、足がすぐに疲れる人、何もしていなくても、足がだるくて疲れやすい人も、O脚の症状です。高いヒールの靴をは...

続きを読む

X脚の症状・特徴

X脚の症状をここでは見ていきます。X脚とは一体、どういう症状なのでしょうか?実はエックス脚の主な症状は、ほとんどがO脚とそれほど違いはありません。X脚は太もも、ふくらはぎ、膝、くるぶしが、膝を支点にしてXの形になっている状態です。別の言い方をすると、膝を中心にして脚の形が「くの字」になっている「内股」の状態です。X脚の症状の特徴としては、大転子と呼ばれる筋肉(骨盤の横から膝にかけて直線すぎる流れで脚が発達している点です。人間の脚は元々、大転子から流線形を描いて膝までのラインを形成します。しかしX脚ではまっすぐなシルエットを形成します。女性にX脚の傾向の方が少なくないのですが、多少、X脚の症状に...

続きを読む

XO脚の症状・特徴

XO脚の症状をこちらで見ていきます。O脚にはいろいろな足の形があり、X脚とO脚が合体しているXO脚といわれる形をしている人もいます。XO脚は、実はOX脚といわれる反対の形もあります。XO脚の症状は、O脚にX脚の要素が入っている症状をいいます。逆にOX脚は、X脚の症状にO脚の要素が入っている症状のことを言います。具体的な症状を説明すると、XO脚は、O脚の状態ですが膝と膝がくっついているものの、ふくらはぎ下肢が外側に湾曲している状態のX脚症状をいいます。O脚にX脚の症状の膝と膝がくっついている症状になっています。膝頭がO脚の膝の特徴の内向きになっているのです。こういった症状がXO脚になります。XO...

続きを読む