O脚の原因

体幹・インナーマッスルの低下がO脚の原因

O脚となっている原因に、インナーマッスルの退化があることをご存じでしょうか。
そもそもインナーマッスルとは聞いたことがあるでしょうか?

 

インナーマッスルとは、体のコアな筋肉で、体を支えている一番大切な部分になります。
深層筋肉ともいいます。

 

人間の体を根本的な部分から支えている筋肉になります。
身体の歪み、失調の原因の大半は、インナーマッスルの筋力不足とも最近は言われています。
ですのでインナーマッスルの衰えが原因でO脚になることもあります。

 

即効性
あるO脚の治し方ならこちら

 

O脚とインナーマッスルとの関係

インナーマッスルの衰えが原因でなぜO脚になるのでしょう。
それは体を支えている一番大切なインナーマッスルという筋肉が衰えていくということは、体を支えている筋力が衰えていることを意味し、体重を支えられずに体は外へ向いてしまうからなのです。

 

ですから、インナーマッスルが劣化していくと、脚を支える内転筋も弱くなり、連動して身体を支えることが困難になっていきます。
その結果、O脚になっていきます。
O脚は膝に負担をかけることにもなり、ひざの負担によってますますO脚にもなっていきます。

 

O脚の原因がわからない人は意外と多くいます。
もしかするとO脚となっている原因に、インナーマッスルの衰えが原因かもしれません。
心当たりはありませんか?

 

最近運度不足を感じている、運動を全くしていない、移動は車ばかりで歩くことを全くしなくなった、運動不足を感じている人はインナーマッスルが衰えていて可能性があります。
インナーマッスルの衰えが原因でO脚になっているのかもしれません。

 

インナーマッスルを鍛える

インナーマッスルの衰えが原因でO脚になっているとすれば、コアマッスルを鍛えていきましょう。同じ筋肉でもインナーマッスルの筋力を付けることが大切です。コアマッスルが強くなれば、その結果、O脚を改善させることができるのです。

 

しかし普通の運動ではインナーマッスル・コアマッスルという筋肉はなかなか鍛えられません。ですから、コアな部分を鍛える、インナーマッスルに効果がある運動を極力取り入れていきましょう。

 

おすすめの方法は、高岡英夫さんの「ゆる体操」。矢上裕さんの「自力整体」。中川卓爾さんの「中川式腰痛治療法」です。

 

いまは、インナーマッスルを鍛えるためのエクササイズも多数ありますので、毎日の生活の中で運動不足を感じている人は、DVDを見ながらエクササイズでインナーマッスルの衰えを改善し、対幹の衰えが原因でO脚になっている症状を改善させましょう。中川式は多くのインナーマッスルを鍛える簡単な体操がDVDとなっています。

 

ところでインナーマッスルの鍛錬は1日や2日エクササイズをしただけでは効果は出てきません。最低でも3週間は継続する必要があります。
もしもあなたがO脚の場合、改善だけでなく予防も含めてトレーニングをするなら、O脚にならないためにしばらく続けていく必要があるでしょう。

 


>> すぐに効果が出る新しいO脚矯正体操

インナーマッスルの未発達がO脚の原因関連ページ

骨盤の歪みがO脚の原因
骨盤の歪みが原因でO脚になることがあります。O脚の主な原因が骨盤の歪みですのでエクササイズで骨盤のゆがみを取り除きましょう。
内転筋の未発達がO脚の原因
筋力(内転筋)の衰えが原因でO脚になることがあります。特に骨格を支えてる筋肉の力が弱まればO脚になります。O脚となる原因に筋力の衰えがありますのでO脚を予防する筋トレはおすすめになります。