O脚矯正に効果のあるスクワットの方法

スクワットをしてO脚を矯正することが出来ます。

筋トレで一番手軽に出来るのはスクワットですが、実はO脚改善にもとても効果があります。

 

スクワットはストレッチと併用もでき、しかも簡単かつ手軽にできますので、毎日でも行うことができる運動です。さらに場所を選びませんので、自分の空いている時間に、小さなスペースさえあればじ実行することができます。

 

ここでO脚矯正に効果のあるスクワットのやり方をご紹介しましょう。

 

姿勢のチェック

まず立ち上がってから足の内側、外側のどちらに力がかかっているかチェックします。

 

足の外側に力が入っている人はいませんか?
もしも脚の外側に緊張があり、筋肉が硬くなっていれば、これは典型的なO型の症状です。
外側の筋肉だけ鍛えられると内側の筋肉は衰え、その結果、脚の外側と内側との筋肉のバランスが崩れます。

 

しかしスクワットを行えば、脚の内転筋を鍛えることができます。内転筋は毎日の生活の中ではあまり使うことがない足の内側の筋肉です。しかしスクワットをすることで内転筋を鍛えることが出来ます。

 

スクワットをして、脚の筋肉をバランスよく鍛えることができればO脚は矯正できるようになります。

 

スクワットの際は脚の内転筋に意識を集中

スクワットを実際にする際は、脚の内側の筋肉(内転筋)に意識を集中させるといいでしょう。

 

また足をつけてまっすぐに立ち、両脚のひざがくっつくように立ちます。
脚の膝をくっつけることが大切ですね。

 

そしてこの状態からスクワットをスタートさせます。

 

初めはなかなか膝頭がくっつかず、しかもバランスも悪いため、スクワット自体が困難に感じるかもしれません。しかし続けていけば、次第にバランスを保てるようになります。頑張りましょう。

 

膝の間にクッションを入れる工夫

あるいは両脚の間に、クッションを挟んでスクワットしてもいいでしょう。何かを膝の間に入れることで、落とさないようにと意識もし、結果的に内転筋に気持ちが集中するようになります。

 

脚の内側に意識を集中させるので、クッションを挟み込むスクワットのやり方はO脚改善に効果的です。挟み続けるだけでも十分力が必要なので、筋肉が自然に鍛えられてくるでしょう。

 

スクワットは毎日やらないと効果が無い

しかしスクワットもストレッチと一緒で、継続して毎日行なわなければ意味がありません。
スクワットはO脚矯正に効果がありますが、改善効果が得られるまで時間がかかります。ですので、毎日地道に筋力アップのために続けていき、O脚を改善を実現させることになります。

 

けれども下記の方法なら、即効的にO脚を改善できます。
即効的といいますと、胡散臭く感じることも多いのですが、
下記の方法は確かなO脚矯正法になります。

 

実績のある方法ですし、しかも自宅で自分で簡単にできるようにDVDプログラムされています。
大勢の方が自分の家でO脚を矯正していますので、ぜひともおすすめいたします。

 


>> すぐに効果が出る新しいO脚矯正体操