O脚と股関節との関係

股関節を柔らかくすることでO脚を改善させることができます。

股関節が硬くなるということは、腰から脚にかけての筋肉が硬くなってきている証拠でもあります。

 

股関節の周囲には、脚をしなやかくにすることと関係のある重要な筋肉が多くあります。
たとえば、脊椎から骨盤にかけて走る腸腰筋です。腸腰筋は姿勢のバランスを保つ上で重要な筋肉になります。また骨盤の歪みを開きにも関わる筋肉です。
また腰から脚にかけて走るハムストリングスといわれる脚の裏の筋肉も重要です。ハムストリンスは直接、O脚とも関係してきます。

 

この腸腰筋とハムストリンスは拮抗しながら特に下半身のバランスと健康に影響を与えています。
そして腸腰筋とハムストリンスとが同時に仲介する部位が股関節になります。
股関節の周りには、ハムストリンスや腸腰筋があり、股関節は身体の健康のバロメーターともなっているほどです。
ですから、股関節を柔軟にすることは、O脚の改善だけでなく、健康そのものに関わってきます。

 

誰でもできて効果の高いO脚矯正の方法

 

O脚を矯正する股関節体操

ではここで股関節体操でO脚改善する方法を紹介します。

 

1.まず座った状態で片足から後ろに伸ばして両足を直角以上にまげて、床につけましょう。
注意点は背筋を伸ばすことで、膝が直角以上に曲がることです。
後ろの足の膝も直角以上になる事が大事です。

 

2.そして、前に出ている足の方向に上半身をねじり、胸を張って、お臍を前に突き出します。

 

3.反対方向に上半身をねじり、胸をはります。

 

4.そして、おなかも突き出して左右両方行います。

 

以上が股関節体操でO脚を改善させる方法になります。

 

 

もう一つ股関節からO脚を改善させる方法があります。

 

1.座ったままの状態で、肩膝を立てます。

 

2.そして、立てた足の上に乗せて、のせる足はくるぶしより先に外側になるようにします。
深くのせましょう。
もし難しい人は、両脚を後ろで突っ張ってくる、くるぶしより先に外側になるようにしましょう。

 

3.そして、さらに手を引っ張り足と胸を近づける体操です。

 

この股関節体操をしていれば、股関節が柔らかくなり、その結果O脚も改善されるでしょう。

 

股関節体操は、毎日しばらく続けてみなければ、改善は目に見えては分かりません。
しかし毎日続けることによって体が柔らかくなり、足の変形なども少しずつではありますが改善されていくようになります。

 

股関節を少しでもやわらかくしたいと思っている人は、同時にO脚の改善にもつながります。ですので、毎日少しずつ、決められた時間に続けて、数分間でもいいのでエクササイズをするようにしてみましょう。

 

上記のO脚体操はわりと一般的です。
ですが、世の中にはすごい方法もあります。
下記のDVDは意表を突く、目から鱗のO脚矯正方法です。
自宅で誰でもできるエクササイズですし、実績のある方法です。
こちらは本当におすすめできます。

 


>> すぐに効果が出る新しいO脚矯正体操