O脚と生活習慣

ハイヒールが原因でO脚に

O脚の原因のひとつにハイヒールがあります。
ハイヒールといえば女性のファッションやお洒落としても必須のアイテムです。ハイヒールを履くと女性らしい美しさが出てきて、魅力的にもなります。脚線美を演出する靴、それがハイヒールともいえます。

 

しかしこのハイヒールがO脚の原因になっていることが実は多くなっています。皮肉なものです。ハイヒールは女性の美しさを引き出す靴であるのですが、その代償かのように脚に負担をかけてO脚を促進してしまいます。
キレイに足を見せるためにはいていたハイヒールが、O脚の原因になっているのです。

 

もしもあなたがO脚で、普段からハイヒールやヒールのある靴を履いて、自分の足をキレイに、かっこよく見せたいと思っている人は、O脚の原因になっている疑いがあります。

 

1日5分氏であなたのO脚も治る

 

O脚改善のためにハイヒールを止める

あなたがO脚であり、ハイヒールを履く習慣があるなら、ハイヒールは今すぐやめましょう。
ハイヒールはO脚の原因です。
O脚を改善したいのならハイヒールは即止めた方がいいでしょう。

 

O脚の人がハイヒールを履くと、歪んだ脚や膝、そして筋肉のひずみはまず改善できません。ハイヒールは、普通はかかとの部分が高くなっており、先はとても窮屈な形をしていますから、まるで爪先立ちをして歩いているようなもので、脚に大変な負担をかけている状態だからです。

 

O脚の方は、普段の状態でも脚と膝に力が入り、緊張した状態になっています。ハイヒールを履くと、脚の力みと緊張は一層倍加されます。

 

しかもハイヒールは、O脚の原因になるだけでなく、知らず知らずの間に、腰にも負担をかけていきます。その結果、巻き爪、外反母趾の原因にもなっています。

 

どうしてもハイヒールを履く必要のある女性の対策法

女性にとっては、仕事の制服と同じく、ハイヒールをはかなければいけない職業の人もいるでしょう。職業上、どうしてもハイヒールを履く必要のある方は、

 

1.できるだけ自分の足にあった靴を選ぶ
2.ハイヒールを履く時間を短くさせる

 

といった工夫が必要です。
といいますか上記のO脚対策の努力をしないと、ますますO脚は悪化していきます。

 

ハイヒールを日頃からなんとなく選んでいれば、O脚の原因が治らないだけでなますます、悪化します。
重要な事は、自分の足に靴があっているかどうかです。
足のサイズだけでなく横幅や履き心地も確かめた上で選ぶことが大事です。

 

そもそも一度O脚になれば、普通に履く靴も変えなければいけませんし、履けなくなるのが一般的です。脚の痛みをこらえて、合わないハイヒールをはき続けるのは、O脚の症状を悪化させるだけです。

 

ですからO脚予防のためには、靴選びを、念入りにしなければいけません。
O脚の原因であるハイヒールをやめれば、いまより悪化することはありません。

 

また、仕事の上で、ハイヒールを履かない時間を必ず設けることです。接客中は履いている必要があっても、待っている間は、かかとの低い靴を履くようにして、脚や膝、筋肉に負担をかけないようにしましょう。少しでも足腰に負担をかけない時間を設けて、O脚対策を行っていくことです。

 

以上のように、自分の足に合ったハイヒールを履くことと、ハイヒールを履かない時間を設けることで、O脚の対策はできるようになります。まったく対策しないよりは、したほうがよくなります。

 

なお下記の方法は、自宅で自分で一日数分のストレッチやエクササイズでO脚を矯正できるやり方です。実績のある方法ですので、O脚をしっかりと治したい方にはおすすめです。

 


>> すぐに効果が出る新しいO脚矯正体操

O脚の原因はハイヒール関連ページ

O脚の原因は姿勢の悪さ
姿勢の悪さが原因でO脚になるケースがあります。日本人の多くがO脚で悩んでいますが原因に姿勢という場合がかなりあります。
O脚の原因は寝相の悪さ
寝相の悪さが原因でO脚になるケースもあります。寝ている姿勢によってO脚の原因になることがあります。
O脚の原因は正座?
正座が原因でO脚になるケースがあるといいますが本当でしょうか。正座によってO脚になることはありません。正座以外で姿勢を歪めた座り方がO脚の原因になります。
O脚の原因は成長期の運動のし過ぎ
成長期の運動のし過ぎが原因でO脚になることがあります。O脚の原因に悩んでいる方の中には成長期に運動をし過ぎた経験があります。
O脚の原因はカルシウム不足
O脚の原因にカルシウム不足があります。O脚に悩んでいる方には原因にカルシウム不足がよくあります。