O脚による悪影響

O脚が原因で疲れやすい体質に

足が疲れやすい人は、もしかするとO脚かもしれません。
O脚は様々な症状を引き起こしますが、足の疲れを引き起こす原因にもなっているのです。
案外、O脚と脚の疲れとの関係を知らない方が多いかもしれません。
O脚の人は、足が疲れやすくなります。
また足だけでなく、全身も疲れやすくなります。
酷くなると、立っているのも辛くなり、一種の虚弱体質のような感じにすらなっていきます。

 

O足と疲労体質とは関係があります。
ではなぜO脚の人は疲れやすいのでしょうか。

 

それは、O脚になると、重心が脚に正常なかかり方をしなくなるからです。足の重心を正しく使えていないため、ムダな力が脚にかかるようになります。ですので元来疲れない体質の人であっても、O脚になるとすぐに脚が疲れるようになり、疲労体質のようになってしまいます。

 

疲労体質の改善もできるO脚矯正の確かな方法

 

O脚は脚の筋骨にかかる重心のずれで疲労しやすい

O脚と脚の疲れをもう少し説明しますと、正常な脚の方の場合、脚の大腿骨から膝関節、脛骨(けいこつ)、足関節に向かって、まっすぐに重心が通ります。

 

脚の骨に対して自然に重心が加わる姿勢となっていますので、脚にかかる力を骨全体で受けることができます。ですので脚には余分な力が加わらず、少しの力で脚を支えることができます。

 

しかしO脚の方は重心が足の外側になります。つまり大腿骨・膝関節・脛骨・足の外側に力がかかるようになります。この結果、足の外側の筋肉に大きく負担がかかります。反対に足の内側の筋肉にあまり力がかからなくなります。

 

そのためO脚の方は、脚の外側の筋肉が発達し、内側の内転筋が細くなります。O脚の人の脚は、外側に膨らんだシルエットとなるのが特徴でもあります。

 

つまり大腿四頭筋のうち、大腿直筋や外側広筋は発達しているのですが、内転筋が未発達となり、アンバランスな筋肉の構成となっています。また脛骨の下腿三頭筋も外側にふくらんだ形になります。

 

O脚の方は、大腿四頭筋の大腿直筋や外側広筋や下腿三頭筋に重心が通るようになるため、負担がかかるようになり、そのため脚の疲れが起きやすくなります。またこれらの部位が硬く緊張してパンパンとなった状態も起きやすくなります。

 

脚の骨格に正常な重心が通らないことにより、筋肉もアンバランスとなって、これが相互に関連しあって、ますますバランスの悪い身体構造となって、疲れやすい脚となっていきます。

 

疲れにくい脚にできるO脚矯正のおすすめの方法

 

O脚は全身疲労や未病をも引き起こす

ですのでO脚の人は、長時間歩いたわけでもないのに、少し歩いただけでも疲れやすくなります。

 

またO脚は、大腰筋も未発達なことが多いため、上半身もアンバランスとなり、力のかかり方が不自然になります。そのため脚だけでなく体全体が疲れやすくもなります。O脚により全身疲労感を訴える方も少なくありません。

 

原因不明の倦怠感や疲れ、また一見すると頑強であっても虚弱体質であるという場合、O脚であるとか、骨盤の歪みが起きている可能性があります。

 

また未病を引き起こしている原因にO脚であることもあり得ます。
ですのでO脚は改善したほうが間違いありません。
健康障害を引き起こすのがO脚ですので、決して見た目の良し悪いだけでO脚の症状を判断してはなりません。

足を使う人はO脚を早めに治しましょう

O脚になりますと、立ち仕事の方や、営業・外回りの覆い仕事の方は、かなり辛くなります。足を使うことが多い人にとっては、脚の疲労が起きてしまい、かなり辛いと思います。

 

女性はヒールを履くだけでも疲れやすいのに、O脚だとさらに疲れることになるのです。
そして、このヒールそのものも、O脚の悪化に繋がりますから、女性の場合はヒールそのものも見直さなくてはいけません。

 

たいして歩いているわけでもないのに、足が疲れやすい人は、O脚を疑いましょう。
またO脚の矯正や改善を行ってまいりましょう。

 

足に負担がかかって疲れやすくなっていることは、体にとっていいことではありません。

 

また仕事にも影響が出てきます。もしあなたがO脚なら、脚の疲労により仕事へのモチベーションが下がってしまい、あなたの業績や成績が低下したり悪化することも出てきます。

 

ですのでO脚であるなら矯正して治しましょう。
早く改善して、これ以上悪化しないためにも、O脚を治す努力をすることをおすすめします。

 

足が疲れやすい、体が疲れやすい原因にO脚があることを知っている方は少ないでしょう。まさか脚の歪みに疲労の原因があるとは思っていない人も多いものです。
ですので単に靴が足に合っていないから疲れやすいのだと勘違いして、脚の歪み・O脚が原因であることにたどり着かないケースも多くあります。

 

ですが、早めにO脚の改善に対処しなければ、症状はさらに悪化していくこともあります。脚の筋肉のアンバランスな発達によって、脚の歪みを治すのに随分と時間がかかってしまうことも出てきます。
早めの対処をしましょう。

 

しかし最近では、自宅でDVDを見ながら自分でO脚を矯正できるプログラムも出ています。誰にでもできる方法でありながら多くの方がO脚を治している実績のあるやり方です。

 

こういった方法も使ってO脚をぜひとも治していきましょう。

 


>> すぐに効果が出る新しいO脚矯正体操

疲れやすい原因にO脚関連ページ

腰痛はO脚が原因
腰痛の原因にO脚があります。O脚が原因で筋肉・脊椎に負担がかかり内臓疾患も起きて腰痛をひきおこすことがわりとあります。
関節痛はO脚が原因
O脚が原因で関節痛にもなります。O脚が原因で体のバランスが取りにくくなって関節痛を引き起こします。
下半身太りはO脚が原因
O脚が原因で下半身太りになります。上半身は細いのに下半身が太る傾向の人は膝関節・股関節・骨盤が歪んでいてO脚が原因だからです。
セルライトはO脚が原因
セルライトの原因にO脚があります。セルライトの原因は血行不良から脂肪・老廃物が固まることですが遠因にO脚があります。
脚のむくみはO脚が原因
O脚が原因でむくみになる方も多いです。O脚は膝が外や内を向いているため脚のむくみを引き起こしやすくなっています。
脚の変形(変形性膝関節症)はO脚が原因
脚の変形の原因にO脚があります。日本人の8割がO脚ですが膝の痛みを訴える方の多くは変形性膝関節症でありO脚が原因で発症しています。
外反母趾はO脚が原因
O脚が原因で外反母趾になるケースがあります。履いている靴が高く脚に負担をかけているとO脚になり外反母趾にもなっていきます。
扁平足はO脚が原因
O脚が原因で扁平足になることがあり、偏平足の人はO脚にも悩んでいるケースがあります。
冷え性はO脚が原因
O脚が原因で冷え性になるケースがあります。冷え性の原因はリンパ節の流れの悪化だけでなく足が冷えやすくなって足がむくみやすくなっているからで、これは脚が原因のことが多くなっています。
新陳代謝の衰えはO脚が原因
O脚が原因で代謝の衰えを引き起こすことがあります。新陳代謝の衰えは年齢的な原因だけでなくO脚が原因となっていることがあります。
不妊症の原因がO脚
不妊症の原因にO脚があります。O脚による骨盤のゆがみによって骨盤内にある子宮の位置がずれて不妊の原因にもなります。