O脚が原因で「下半身太り」に

上半身は細いのに、下半身ばかりに脂肪がついてしまって、原因もわからないまま、下半身が痩せられずに悩んでいる人はいないでしょうか。

 

また、ダイエットに一生懸命取り組んでいるのに、上半身は細くなっても、下半身が太ってしまっている人はいないでしょうか。

 

上半身はスリムなのに下半身が太いという症状は、O脚が原因となっていることが意外と多くあります。
実は、下半身だけが痩せることができない原因の多くに、O脚が原因となっているケースが予想以上にあります。

 

下半身が太る原因は骨格の歪み

そもそも下半身が太るりの原因は、セルライトが作られるのと一緒です。膝関節、股関節、骨盤といった骨格の歪みが原因です、関節のリンパ節が圧迫されて血液の流れが悪くなるからです。

 

下半身のリンパの流れと血行不良になることから、その結果、脂肪も老廃物もどんどんたまってしまうのです。いわゆる「セルライト」です。

 

つまり下半身に歪みがあるため、リンパと血行の流れが悪化して、下半身が太るというわけです。

 

そして、膝関節、股関節が歪んでいる人は、生活習慣が原因でO脚が影響しているわけです。下半身太りの多くはO脚がかなり影響しています。
ですので、下半身のダイエットを確実に行うためには、O脚を矯正して治していく必要があります。

 

下半身太りも改善しO脚を矯正するおすすめの方法

 

筋肉が発達しないために下半身が太る

下半身が太る理由には、O脚のほかに関連して筋肉も関与しています。

 

そもそもO脚になれば、骨格の歪みが生じ、筋肉を上手に動かすことが出来なくなってしまいます。O脚の方が、脚に筋肉をつけたくてもつかないのは、骨格の歪みによって血行が悪くなり、筋肉が正しく成長しないからです。

 

下半身の骨格が歪んでいると、人は体のバランスをとるための機能があるので、かばうようになり、無理な姿勢が多くなります。この結果、無理な姿勢であっても身体のバランスを保とうとして下半身に余分な脂肪がついてしまいます。これが下半身太りの原因です。

 

O脚を改善することで下半身はスリムになる

このように、O脚になると、下半身のリンパの流れや血液の流れを悪くし、セルライトが形成されやすくなります。しかも、脚関節の歪みが生じると根本の原因となっていきます。

 

脚を直しリンパの流れを改善することが、下半身太りの改善になるというわけです。

 

もし下半身太りでダイエットに成功することが今までできなかった人は、O脚をまずは疑い、O脚を改善させることを考えましょう。

 

効果的に下半身をスリムにするダイエットを希望するなら、まずは歪んだ足を元に戻すことです。そうすることで老廃物も血液の流れもすっきりします。

 

下半身ダイエットに成功するO脚の改善方法も今では巷にもDVDとなって出ています。
こういった動画をご覧になって、ぜひともあなたも自宅でO脚を改善してみませんか?

 

美しい脚になれば、スタイリッシュにもなって健康になり、言うことはありません。

 


>> すぐに効果が出る新しいO脚矯正体操