O脚が原因で変形性膝関節症

脚の変形の原因がO脚であるといわれています。

脚の変形といっても、膝関節がすり減ることから脚が変形する症状もあります。

 

膝がすり減ることから陥る症状に「変形性膝関節症」があります。
年齢を重ねると、老化によって膝関節がすり減ることもありますが、膝が痛む人の大半は変形性膝関節症が原因になっています。

 

しかしもの変形性膝関節症とO脚は関連しているというのです。
先述の通り、変形性膝関節症は、膝の軟骨が磨り減ったことで変形する病気なのです。

 

変形性膝関節症の特徴は、膝に水がたまります。
中高年で膝の痛みを訴える人の大半が脚の変形によるものですが、統計的に原因はO脚からきているのです。

 

現在では日本人の8割がO脚といわれています。
ですので日本人の多くが変形性膝関節症になる可能性を潜在的に秘めていることになります。

 

またO脚は特に女性に多いといわれていますので、変形性膝関節症は女性の方は注意が必要になります。O脚の自覚のある方は、若い時代からこういったストレッチでO脚を改善されたほうが断然、得策になります。

 

脚の変形とO脚は深い関係があることは承知されたほうがいいでしょう。

 

膝の変形の原因となるO脚

また脚の変形は、全身のスタイルにもとても影響を与えます。O脚であることは、健康だけでなく、美容的にも外見的にも好ましくありません。

 

膝の痛みを引き起こす膝の湾曲、これはO脚に限らずX脚も同じです。
X脚でも膝の痛みの原因となります。

 

日本の8割がO脚ですのが、脚の変形を伴う人はとても多くなります。
脚の変形と予防するためにも、O脚の矯正は欠かせません。
O脚やX脚は、何一ついいことがありませんので、ぜひとも改善しましょう。

 

そもそもO脚になる原因はこのサイトでも説明していますが、脚の筋肉(特に内転筋とハムストリングス)が正常に使用されていないことが主原因となっています。しかもO脚になると、ますます脚の筋肉が正常に働かなくなり、その結果、むくみやすい体質にもなります。

 

膝の関節は、足の筋肉がしっかりと支えているのですが、脚の筋肉が衰えれば、膝の間接が歪み、その結果、変形性膝関節症にもなります。

 

脚は一度変形すると痛みも出てきます。しかも水がたまり炎症を起こし、歩行時だけでなく、じっと安静にしている時すら痛みで辛くなります。

 

一時的に痛みを解消する治療を受けても、根本的なO脚が改善されなければ実は完治にくい症状です。
最悪の場合には、手術をするほど大変なことになりかねません。ですので生活習慣の中で改善できる姿勢や、歩き方などを試みて、O脚の矯正・改善を実施されることをおすすめします。

 

変形性膝関節症をはじめ膝の痛みは、特に中高年に多い症状ですが、今は若い人でも足の変形が見られます。ですので、もしもあなたがO脚の傾向があるなら、早めに対策をしましょう。

 

現代では治療方法や技術も日進月歩で、自宅で自分でDVDを見ながらO脚やX脚を治すことができます。まだ余裕のあるうちに、一念発起してO脚・X脚を治しましょう。
こちらの方法なら自分で自宅でDVDを見ながら治せます。

 


>> すぐに効果が出る新しいO脚矯正体操