O脚が原因で外反母趾に

外反母趾の原因の一つにO脚があります。

外反母趾は足が変形する病気でもあります。
女性の中でも多くの人が悩みを抱えています。

 

外反母趾の原因は様々ですが、骨盤や股関節の調整をしたり健康に注意をしていても、履いている靴のかかとが高く脚に負担をかけていると発症することがあります。
また外反母趾の原因にはO脚があります。

 

O脚と関連する問題となるのは、靴の選び方です。
靴によって、O脚や外反母趾になる確率が高まります。

 

ハイヒールが原因に

女性に限ったことではありませんが、足にあう靴を選ばなければ足に負担をかけます。

靴によっては、足に負担をかけて次第に変形を促進させて外反母趾となるケースがあります。代表的なのがハイヒールです。ハイヒールは足の指の先端にも強烈な荷重を与えて、足の指にピンポイントで自重をかけます。

 

この結果。外反母趾になります。
同時にハイヒールは脚全体にも負担をかけるためO脚を促進させます。

 

外反母趾になればますます足全体に体重が上手に分散されなくなるため、いっそうO脚を引き起こすのです。悪循環ですね。そしてハイヒールが原因となって、外反母趾となり、さらに引き起こされたO脚によって腰痛や体の歪み、体全身の不調も引き起こすようになります。

 

外反母趾の原因はO脚にもあるとされていますが、ハイヒールなど、足に負担をかけるような履物を履いていることが直接の原因にもなります。

 

外反母趾の予防と改善につながるらO脚矯正できる確かな方法

 

姿勢の悪さもO脚と外反母趾の原因に

他には姿勢の悪さ、歩き方の悪さからもO脚と外反母趾になることが多くなります。
歩くときの姿勢は重要です。
そもそも足の裏の形は、足の裏にかかる負担や衝撃を分散させるためにクッションの働きをしています。
脚の裏で人間はバランスをとっているのです。

 

しかし1日靴を履いていて、舗装された道の上ばかりを歩き、しかも硬い靴や窮屈な靴を履いていれば、足のクッションの形はなくなり、足の機能は正常に働かなくなります。
こうなると扁平足にもなります。足のバランス機能を損なうと、外反母趾やO脚になります。

 

素足の生活でO脚と外反母趾を予防

O脚や外反母趾を予防するためには素足で歩くのが一番です。素足で歩くと、足の裏が刺激を受けて、扁平足の予防にもなり、足の裏が強化もされます。

 

しかし現代人はなかなか素足で歩く機会がありません。また設けることもできません。日頃から素足で歩くことはできませんので、せめて室内では素足の生活を心がけましょう。

 

また外反母趾、O脚を改善するために、靴のサイズを足に合わせ、またできるだけかかとの高い靴やハイヒールは避けましょう。足の裏のツボを刺激して、扁平足を防止し、健康な足にするとかの工夫も必要になります。

 

自宅で自分でできるO脚と外反母趾の改善

"

しかし足の裏を健康にする生活には、なかなかすぐには改善されないでしょう。しかしO脚も外反母趾も、適切な改善法を行えば、完治が不能ではないのです。

 

外反母趾の改善でおすすめなのが開帳足を改善して治す古屋式です。古屋式は自宅で自分でもできます。
またO脚の改善と矯正なら福辻式がおすすめです。
古屋式と福辻式で外反母趾とO脚を一度に改善されてはいかがでしょうか。

 


>> すぐに効果が出る新しいO脚矯正体操