O脚

O脚〜日本人の70%はO脚の傾向がある?

O脚(おーきゃく)。
O脚とは、美脚(びきゃく)の反対といっていいかもしれません。
脚がちょっと曲がっていたりして、あんまり美しくない
脚のスタイルのことを言ったりもしていますね。

 

で、O脚は、俗称「がに股」とも言われますね。
これって、格好も悪いため、女性はミニスカートが履けない、
脚を出すことに抵抗があるなど、
ファッションでも悩みが出てきますね。

 

で、O脚に悩んでいる方が結構いらっしゃいます。
そもそも日本人の約7割がO脚だといいます。
え?となるのですが、
驚くことに、70%の方が、大なり小なりO脚傾向であるとか。

 

極端にひどいO脚の方は少ないのですが、
微妙に「あれ?」というレベルの方とかなんでしょうね。
そういう方は、わりといらっしゃるようです。
芸能人やモデルさんにも、プチO脚の方はいらっしゃいます。
で、秘かに矯正もしているんですね。
たとえば、この方法とかです⇒

 

それにしても、日本人の約70%がO脚といいますと、
もしもO脚が改善できると、周囲から飛び抜けて美脚になり、美しく見られますね。

 

だって、そうじゃありませんか。
70%といえば、ザックリいって4人のうち3人がO脚傾向ですからね。
美脚の人は、なんと4人のうち1人(ザックリと言えば)。

 

それなら、O脚は改善したり矯正して、直してしまったほうがいいですね。
美脚に見られるようになれば、美しさのアイテムが一つ増えたようなものですからね。

 

で、プチO脚は改善できます。
また、健康上の理由からも、直したほうがいいんですね。
年をとってから、膝関節に負担が出てきて、痛みや、骨格の変形の原因にもなります。
元より、スラっとまっすぐな脚のほうがきれいですしね。

 

しかし、わりと多くの日本人がO脚の傾向があるにも関わらず、
意外や意外、O脚を治す方法とか、改善策が、よく分からないといいます。

 

O脚は、見た目で悩んだりすることだけでなく、健康上にも問題を引き起こしますので、
できるだけ矯正をして改善なりするのが望ましいですね。

 

「O脚の悩み解決.com」では、O脚の原因、症状、また矯正法や治療について
総合的に情報をお届けしています。

 

こちらの方法は自宅でできる簡単な方法の一つです

 

O脚とは一体どういうこと?

O脚の悩み解決.com

ところでO脚は、一般的に、「がに股」といわれています。
でも、なんか嫌な言葉の響きですね^^;

 

で、そんながに股(O脚)の特徴とは、両足を付けようとしたときに、
次の状態になることを、言っています。

 

 1.「ふともと」がくっつかない
 2.「ひざ頭」がくっつかない
 3.「ふくらはぎ」の間が空く
 4.「くるぶし」がくっつかない

 

1〜4の症状(状態)、また複合している状態をO脚といっています。
で、1〜4は関連しています。

 

また、見た目の問題と、健康上のトラブルを引き起こしやすいのが、
「2」の「ひざ頭」がくっつかないタイプです。
もしもこの症状に該当している場合は、矯正したほうがいいでしょう。

 

ちなみに、O脚の症状に似たものに、X脚XO脚があります。
ですが、X脚やXO脚は、厳密にいえばO脚とは違うといわれています。

 

最近では、自宅でできる簡単なストレッチで、O脚の改善・矯正もできるようになっています。
O脚は、決して遺伝的な要因ではなく、習慣などの影響で、筋骨に歪みが生じて、
なってしまったものと言われています。
いわば、「習慣病」ですね。
これが本質的な原因といわれています。
後天的ですので、改善できるわけですね。

 

DVDを見ながら矯正もできます

 

O脚の原因を一言でいうなら・・・

O脚は、習慣が原因とされていますが、代表的な原因は、
次の3つであるといいます。

この3つが根本的かつ代表的な原因とされています。

 

で、O脚は「生活習慣」で助長され、
O脚rとなってしまうケースがほとんどといいます。

 

そもそも人間は生まれた時はO脚なんですね。
ですが、成長していく過程において、生来のO脚は改善されていくんですね。
そういう風にできているといいます。

 

けれども、生まれながらの脚が改善されずに、そのまんまになってしまいますと、
成長期を迎えた頃でも、O脚のままになってしまうケースがあります。

 

なぜ、そうなるかといえば、
たとえば、脚に負担をかけるとか、
ストレスが多い生活を送るとか、
あるいはハムストリングスと呼ばれる脚の裏筋肉の使用が少ないとか、
つまり、脚の筋肉を発達させなかった、脚の筋肉の使い方が足りなかったのが
原因であるとされています。

 

こうした生活習慣が、O脚を生み出している原因です。
で、ほとんどが内転筋やハムストリングスといった筋肉の未発達が原因になってきます。

 

ですので、内転筋やハムストリングスを強くすることと、
関連して骨盤の歪みを矯正していくことが、
O脚を治す方法の秘訣にもなっています。

 

⇒ 1日5分のストレッチでO脚の矯正ができる

 

O脚を矯正するためには

O脚を矯正するためには、まず原因を把握することが大切ですね。
原因は、上記でポイントを紹介した通りでして、
一言でいえば、骨盤の歪みと、内転筋等の脚の筋肉の発達が不適切だったこと、
それとインナーマッスルが弱いことがが原因です。

 

ですので、O脚を矯正するために、
脚を中心とした腰回りの体幹の筋肉をトレーニングしていきます。
その具体的なとレーニングには、

といった方法があります。
これらの方法は一例ですが、効果のある矯正法です。

 

あとO脚は、その原因となっている生活習慣を改善
していくことも大切ですね。
日々の生活における、座り方、歩き方、立ち方、寝方などですね。

 

今では自宅で自分でO脚の矯正ができる方法もあります。
DVDを見ながら先生の指示通りにエクササイズをすることで、O脚を改善できます。
こちらの方法はシンプルですので、おそらく誰でもできると思います。

 


>> すぐに効果が出る新しいO脚矯正体操

 

当サイト「O脚の悩み解決.com」が
O脚でお悩みお方のためにお役に立てば幸いです。